1. HOME
  2. ブログ
  3. 【kintoneプラグイン】krewDashboardを使えば営業会議・経営会議の資料作成の手間が減る!

【kintoneプラグイン】krewDashboardを使えば営業会議・経営会議の資料作成の手間が減る!

kintoneにデータを集約させる大きな目的に「経営内容を良くするために現状を把握すること」と考えている企業さんは多くあります。しかし「現状を把握」といってもどこを見れば良いのか、何を見て次の施策を考えれば良いのかわからないという声もよく聞きます。

BIツールを使って専門的な分析をしている会社さんもありますが、そこまでしなくてもkintoneにデータが入っていれば可視化できるのですが、さらに見えやすく、誰にでもわかりやすく表示できるプラグイン、それが「krewDashboard」です。

kintoneのグラフは「売上推移」「仕入価格変動」などをそれぞれにグラフ化することは可能ですが、同時に同じ画面で見ることはできません。そのようなときにkrewdashbosrdがあれば、別のアプリのグラフをひとつの画面に並べることができるので、営業会議、経営会議など用にわざわざ資料を作成することなく、共有してわかりやすく表現できるのです。

krewDashboardの特徴

可視化と分析

kintone内のデータをダッシュボードで可視化するときに、例えば「Aアプリはゲージ」「Bアプリは棒グラフ」など、複数のアプリからそれぞれを見やすいグラフにして並べることができます。

krewDashboardの画面

分析をするときには「期間」「担当者別」など様々な角度からのデータ結果が必要となりますが、資料としてそれぞれを作成するとなると、その資料作りだけでも多くの時間を使います。
「明日の会議資料を作るのに残業しないと!」という場面はよくある話です。krewDashboadは一つの画面で期間や担当者をクリックするだけで表示を変えることができるため、資料作成に労働力をさく必要がなくなり、業務効率化としての効果は絶大です。

krewDashboardの画面

krewDashboardの豊富な利用シーン

レコード内にグラフを表示することができるので、例えば建設業の工事台帳など、工事単位のレコードを開いたときに、現状の内容をグラフで目にすることにより、予算の消化状況や原価比率などを直観的に進捗内容を確認できます。

krewDashboardの画面

krewDashboard独自の機能としてのコメント利用ができます。ダッシュボード画面の右側にあるコメントマークよりスレッドを追加できるので、テーマ別に作成をしたり、月次会議などはその都度にコメントを残しておくような使い方もよいかもしれません。

krewDashboardの画面

krewDashboardのスレッド機能を使うためには、アプリ作成時に注意点があり「はじめから作成」で作成してフィールドに文字列(1行)をドロップアンドドラッグし「Dashboard_ThreadTitle」とフィールドコードを変更したものを設置してからkrewDashboardプラグインを設定する必要があります。
すでに作成してあるアプリにフィールドを追加してもスレッドは作成されません。

krewDashboardで利用可能なグラフ種類など

様々なグラフを使用しながら、多彩なデータ表現か可能です。プラグインで利用する最大のメリットは一度設定して利用してみたけど一部を変更したい、と思ったときにすぐに変更することができる点です。特にグラフのようにすでにあるデータをどのような目的で可視化したいかということに関しては、実際に会議などで共有し、話していく中で「コレが見たい」と思いつくことが多くあります。

krewDashboardの画面

krewDashboardはそのような思いつきに対しても、多彩な表現機能により対応できます。

スライサー(目的の条件でデータを素早くフィルタリング)
ドリルダウン(親子関係で構成されるデータを、概要から詳細へ掘り下げてデータ分析)
クロスフィルター(親子関係で構成されるデータを、概要から詳細へ掘り下げてデータ分析)
タイムライン(集計する日付の期間を簡単に指定)
集計フィールド(グラフとピボットテーブルの任意のフィールドを使用して数式を設定でき、独自の値フィールドを追加)
ダッシュボートの出力(画面上のダッシュボードまたは個別のグラフ単位にPDFや画像形式に出力)

※プランによって利用できる機能が違います。上記は主にスタンダードエディションで利用可

krewDashboardドリルで細かく設定方法を確認できます!

krewDashboardの価格

【スタンダードエディション】

料金単位(ユーザー数)
・~100人    22,000円/月・220,000円/年
・101~200人  28,600円/月・286,000円/年
・201~500人 39,600円/月・396,000円/年
・501~1000人 66,000円/月・660,000円/年 
・1001~無制限 110,000円/月・1,100,000円/年 (すべ税込み)

【シンプルエディション】

料金単位(ユーザー数)
・~100人    13,200円/月・132,000円/年
・101~200人  16,500円/月・165,000円/年
・201~500人 23,100円/月・231,000円/年 
・501~1000人 39,600円/月・396,000円/年 
・1001~無制限 66,000円/月・660,000円/年 (すべ税込み)  

krewDashboardの画面

※グレープシティのエディション比較ページはコチラ

krewDashboardの提供会社

グレープシティ株式会社
https://krew.grapecity.com/

krewシリーズ
・krewSheet https://krew.grapecity.com/products/krewsheet.htm 
・krewData https://krew.grapecity.com/products/krewdata.htm

krewDashboard/グレープシティ株式会社
お申込みサイトはこちら
伴走ナビ管理人
サイボウズパートナーのペパコミ株式会社で年間100社以上のkintone構築と伴走サポートの案件に携わり、kintoneだけでなくプラグイン設定も数多く経験。システム機能だけではなく、社内業務コンサルとしての目線で中小企業のDX化を推進しています。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

       

関連記事

今すぐ伴走ナビ公式LINEに登録する 最新記事を通知 公式LINEはこちら 毎月5社限定 無料相談はこちら