1. HOME
  2. ブログ
  3. 【kintoneと連携】HubSpotでリード獲得を行い受注以降をkintoneで管理する

【kintoneと連携】HubSpotでリード獲得を行い受注以降をkintoneで管理する

キントーンとハブポットを連携する

kintoneは営業の進捗管理も行うことは可能です。「顧客管理」に見込みも含めて追客中リストとして利用し、営業担当者は日報と兼ねてお客様とのコミュニケーション記録を「活動履歴」に入力。あらかじめ定めた進捗ステータスを変更すると「案件管理」の進捗が変わる。といったように営業管理者がkintoneを見ると、担当者それぞれのお客様がどのような進捗で、今月の売上となる見込み客はどのくらいいるのかなど見たい形で表にしおくことも可能です。

しかし、これは適している業種や会社の規模があり、見込みリストが大量にあり、その中からある一定の条件をクリアした人のみに直接アプローチする、など「一定の条件のクリア」までを自動化する、メールや電話での反応を逐一分析情報に組み込むなど細かいところまで行うにはkintoneでは難しい部分となります。

そこで、受注までを専門のツールを利用し、受注になったらkintoneに情報が登録されて契約管理を行っていく、というような連携した使い方としてHubSpotがあります。
会社規模としては従業員数が5人~200人くらいが一番多いユーザー層となり、kintoneを基幹システムとして利用する会社規模と類似するため、kintoneを使いこなしたい会社にとってはお勧めです。

HubSpotの機能

HubSpotは、マーケティング、営業、カスタマーカスタマーサービスの業務に必要な機能を全て備えたCRMプラットフォームです。プラットフォーム上の各ソフトウェアは単体でも利用できますが、組み合わせることで何倍もの効果を出すことができます。

5つのソフトウェアがあるので、簡単にご紹介します。

Marketing Hub

多くの訪問者をウェブサイトに呼び込み、顧客へと転換し、包括的なインバウンドマーケティングのキャンペーンを広く展開するために役立つマーケティングソフトウェアです。

ランディングページやウェブサイト、ブログを簡単に作成できるテンプレートがあり、ドラッグアンドドロップで操作可能です。作成したランディングページからのリード分析やウェブサイト・ブログの訪問者に対してEメール、キャンペーン、オファーなど適切な方法とタイミングでリードとつながりを築き収益の拡大を図ることができます。コンタクト(連絡先)情報やキャンペーンの一元管理、業務を効率化する自動化ツール、キャンペーンの成果測定に役立つレポート作成ツールを搭載しています。

HubSpotマーケティングソフトウェア

Sales Hub

プロスペクトに関する情報を把握し、煩雑な作業を自動化して、多くの取引を効率的に成約へと導くための、生産性に優れた営業支援CRMソフトウェアです

包括的な営業支援CRM、営業向けのエンゲージメントツール、見積もり作成機能、レポート機能、アナリティクス(分析)機能などを搭載。さらに、1,000種類を超えるアプリが掲載されているHubSpotアプリマーケットプレイスのさまざまなアプリを利用したシームレスな連携が可能です。

HubSpot営業支援ソフトウェア

Service Hub

顧客との関係を深め、期待を上回るサポートを提供するためのカスタマー サービス ソフトウェアです。顧客に自社の推奨者になってもらうことで、ビジネスの成長を推進できます。

コミュニケーションツールに加え、共有の受信トレイやヘルプ デスク オートメーション、ナレッジベース、顧客アンケートによるフィードバック収集、カスタムアンケート、レポート作成、カスタマーポータル、プレイブックなどの機能を搭載。全ての機能がHubSpot CRMを基盤としているため、顧客とのやり取りを全社規模で一元管理できます。

HubSpotカスタマーサービスソフトウェア

CMS Hub

マーケティング担当者が求める柔軟性と、開発者が期待する機能性を高い次元で両立させたコンテンツ マネジメント ソフトウェアです。安全かつパーソナライズされた顧客体験の提供に役立ちます。

ホスティング、柔軟に編集できるテーマ、動的コンテンツ、ドラッグ&ドロップ操作によるページ編集、コンテンツのアクセス権設定などの機能を搭載。全ての機能がHubSpotのCRMプラットフォームを基盤としているため、顧客にシームレスなデジタル体験を提供できます。

HubSpotコンテンツマネージメントシステム

Operations Hub

さまざまなアプリ間の同期、顧客データのクレンジングや整理、さらには多様な業務プロセスの自動化によって、社内のシステム同士の接続もチームの連携も強化するオペレーション支援ソフトウェアです。

プログラマブルオートメーション、データ同期、データ集合の定義、データ品質管理オートメーションなど、HubSpotのCRMプラットフォームを基盤とするオペレーション業務支援機能を搭載。顧客とのやり取り1つひとつを一元管理し、摩擦のないスムーズな顧客体験を提供できるようになります。

HubSpotオペレーション支援ソフトウェア

kintoneとの連携コネクタ

設定からHubSpotアプリマーケットプレイスへいくと連携できるアプリなどが多数あり「HubSpotが開発したデータ同期アプリ」の中にkintoneとの同期連携コネクタがあります。

設定の仕方はとても簡単で、マニュアルもわかりやすくなっているので誰でも設定可能です。
kinotneと連携する場合の注意点としては、先にkintoneアプリを作成しておき、更新する際のキーをしっかりと決めておく必要があります。
HubSpotに限った話ではありませんが、連携設定自体は簡単でも実際の活用方法と運用手順を定めてから連携をすることを忘れないようにしてください。

価格

5つのソフトウェアそれぞれにプランと料金があります。

・無料ツール(14日間お試し)・Starter・Professional・Enterpriseとなっていますが、キャンペーンなどもあり、実際の料金は直接問合せをして確認してみてください。

HubSpot

HubSpot(ハブスポット)/HubSpot Japan株式会社
お申込みサイトはこちら
伴走ナビ管理人
サイボウズパートナーのペパコミ株式会社で年間100社以上のkintone構築と伴走サポートの案件に携わり、kintoneだけでなくプラグイン設定も数多く経験。システム機能だけではなく、社内業務コンサルとしての目線で中小企業のDX化を推進しています。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

       

関連記事

今すぐ伴走ナビ公式LINEに登録する 最新記事を通知 公式LINEはこちら 毎月5社限定 無料相談はこちら