1. HOME
  2. ブログ
  3. 【システム導入】オンプレミスからクラウドシステムへの移行メリット

【システム導入】オンプレミスからクラウドシステムへの移行メリット

クラウドシステムへの移行

DX化が進み中小企業も社内にサーバーをたてて、データ共有を行っていた時代から、クラウドシステムとノーコードが主流となり、システム導入の変化が加速しています。この記事では、システム導入の変化とクラウドシステム・ノーコードに伴うメリットと注意点について詳しく解説します。

システム導入の変化

オンプレからクラウドシステム

近年、企業のシステム導入には大きな変化が起きています。従来、多くの企業はオンプレミスと呼ばれるサーバーやシステムを自社内に設置していました。しかし、クラウドシステムの登場やノーコードの普及により、システム導入の手軽さや柔軟性が向上し、オンプレミスからクラウドシステムへの移行が進んでいます。

オンプレミスとは

オンプレミスとは、自社内にサーバーやシステムを設置して、そのシステムを利用する方法のことを指します。つまり、システムを自社で管理し、データやアプリケーションを自社内で保持している状態です。

オンプレミスの問題点

オンプレミスには、いくつかの欠点があります。ここでは、どのような問題点があるのかを説明していきます。

導入コストの高さ

オンプレミスでは、導入と管理に非常にコストがかかります。専用のハードウェアとネットワークインフラを必要とするため、導入コストが非常に高くなる可能性があります。さらに、アップグレードやメンテナンスにも費用と時間がかかる場合があります。

ハードウェアの維持管理の難しさ

オンプレミスでは、サーバーやハードウェアの維持管理が必要となります。つまり、システムを稼働させるために必要なハードウェアの故障やメンテナンスを自社で行わなければなりません。そのため、維持管理のための専門知識や技術、リソースが必要になります。

セキュリティリスクの増大

オンプレミスでは、セキュリティリスクが増大することがあります。自社内に保管するデータやシステムに対するサイバー攻撃や盗難のリスクがあるためです。そのため、企業はシステムを保護するために非常に厳しいセキュリティ対策を講じなければなりません。

クラウドシステムへの移行

クラウドシステム

ここでは、クラウドシステムとはどのようなものかということから、クラウドシステムに移行するメリット、課題など様々な観点から見ていきます。

クラウドシステムとは

クラウドシステムとは、インターネット上で外部のサービスプロバイダーから提供されるサービスやリソースを指します。これまで企業が自社内で保有していたサーバーなどのハードウェアをクラウドプロバイダーが運用することで、サーバーの設置やメンテナンスにかかる負担を軽減できます。また、必要に応じてリソースを柔軟に拡張できるため、システムのスケーラビリティを高めることができます。

クラウドシステムへの移行のメリット

クラウドシステムへの移行には多くのメリットがあります。ここでは、どのようなメリットがあるのかを見ていきます。

コスト削減

クラウドシステムを導入することで、サーバーやストレージなどのハードウェアの購入やメンテナンス、更新などのコストを削減できます。また、必要なリソースを必要な分だけ利用することができるため、無駄なコストを削減することもできます。

柔軟性の向上

クラウドシステムは必要に応じてリソースを柔軟に拡張することができるため、急なアクセス増加や業務拡大にも対応できます。また、クラウド上で利用できるアプリケーションやサービスが豊富であるため、ビジネスニーズに合わせたアプリケーションの導入が容易になります。

スケーラビリティの向上

クラウドシステムは、ユーザーのニーズに応じて、迅速かつ容易にスケールアップまたはスケールダウンすることが可能です。このスケーラビリティは、システムの動作に大きな支障をきたすことなく行うことができます。

クラウドシステムへの移行に伴う課題

クラウドシステムへの移行には多くのメリットがありますが、同時にいくつかの課題も生じます。ここでは、どのような課題があるのかを紹介していきます。

データ移行の問題

クラウドシステムへの移行では、オンプレミスのシステムからクラウドシステムにデータを移行する必要があります。しかし、データ移行にはさまざまな課題が伴います。例えば、オンプレミスとクラウドシステムでデータフォーマットが異なる場合、データ変換が必要になります。また、データ量が膨大である場合、データ転送に時間がかかり、システムのダウンタイムが長くなる可能性があります。

セキュリティの確保

クラウドシステムにはセキュリティに関するリスクもあります。例えば、クラウドサービスプロバイダーによる不正アクセスやデータ漏洩などが挙げられます。そのため、クラウドシステムへの移行には、セキュリティの確保が不可欠です。クラウドサービスプロバイダーのセキュリティ対策や、アクセス管理の強化、データの暗号化など、多層的なセキュリティ対策が必要になります。

システムの可用性の確保

クラウドシステムへの移行には、システムの可用性を確保することも重要です。クラウドシステムはインターネット経由でアクセスするため、ネットワークの不具合やクラウドサービスプロバイダーの障害などによって、システムのダウンタイムが発生する可能性があります。そのため、冗長化や負荷分散など、システムの可用性を高めるための対策が必要になります。

ノーコードがもたらす変化

クラウドシステム

ノーコードとは

ノーコードは、プログラミングを必要とせずにアプリやシステムを開発することができるツールやプラットフォームのことを指します。ノーコードでは、アプリやシステムを作成できるだけでなく、既存のアプリをオンプレミスからクラウドシステムに移行することも可能です。これにより、移行作業が簡素化され、コスト削減が可能になります。

ノーコードがもたらすメリット

ノーコードには以下のようなメリットがあります。

開発期間の短縮

ノーコードを利用することで、開発期間を短縮することができます。プログラミングが不要なため、開発者のスキルレベルに関係なく誰でも開発ができるため、効率的に開発を進めることができます。

開発費用の削減

ノーコードを利用することで、プログラマーの雇用や外部開発会社に頼る必要がなくなり、開発費用を削減することができます。特に、小規模な企業やスタートアップ企業が、予算をかけずにアプリを作成する場合に有効です。

ビジネスアナリストとの連携強化

ノーコードを利用することで、ビジネスアナリストや専門家がシステム開発に参加することができるため、要件の明確化や開発内容の改善が容易になります。これにより、ユーザー中心で効率的なアプリを作成することができます。

ノーコードに伴う注意点

ノーコードには以下のような注意点があります。

プロセスの最適化の必要性

ノーコードで開発されたシステムは、既存のビジネスプロセスに基づいて開発されるため、プロセスの最適化を行わずに導入すると、既存の問題点をそのまま持ち込んでしまう可能性があります。

システムのカスタマイズの制限

ノーコードで開発されたシステムは、一般的に標準的な機能を備えていますが、カスタマイズが必要な場合には限界があります。そのため、カスタマイズが必要な場合には、開発者がプログラミングを行う必要があります。

まとめ

クラウドシステム

近年、ビジネスにおいてシステム導入は欠かせないものとなりました。かつては、オンプレミスでのシステム構築が主流であり、自社に合わせたシステム開発による高額な導入コストやハードウェアの維持管理の難しさ、セキュリティリスクなどが問題視されていました。

そこで、クラウドシステムへの移行が加速しており、そのメリットとしてコスト削減や柔軟性・スケーラビリティの向上が挙げられます。しかし、データ移行の問題やセキュリティ確保、システムの可用性確保といった課題もあります。

また、最近注目を集めているのが「ノーコード」で、開発期間の短縮や開発費用の削減、ビジネスアナリストとの連携強化が期待されています。しかし、プロセス最適化の必要性やカスタマイズの制限といった注意点もあります。

これらの変化により、より多様なシステム導入の選択肢が生まれており、それに伴いビジネスプロセスの最適化が求められるようになっています。

伴走ナビ管理人
サイボウズパートナーのペパコミ株式会社で年間100社以上のkintone構築と伴走サポートの案件に携わり、kintoneだけでなくプラグイン設定も数多く経験。システム機能だけではなく、社内業務コンサルとしての目線で中小企業のDX化を推進しています。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

       

関連記事

今すぐ伴走ナビ公式LINEに登録する 最新記事を通知 公式LINEはこちら 毎月5社限定 無料相談はこちら