1. HOME
  2. ブログ
  3. kintoneで簡単タスク管理!アプリの作り方や利用の事例について解説!

kintoneで簡単タスク管理!アプリの作り方や利用の事例について解説!

タスク管理

kintoneを活用することで、タスク管理の課題を効率的に解決し、業務効率を大幅に向上させることが可能です。この記事では、kintoneの主要な特徴とメリットを詳しく紹介し、タスク管理アプリの作成方法と実際の利用事例を紹介します。記事を最後まで読むことで、kintoneがどのように業務プロセスを変革し、組織の生産性向上に貢献するかについても、実例を通じて明確に理解できるでしょう。

kintoneではタスク管理アプリを作ることができる!

kintoneを使うと、タスク管理アプリを簡単に作成できます。このアプリでは、プロジェクトの進捗状況を一目で確認でき、メンバー間のコミュニケーションもスムーズに行えます。また、タスクの優先順位を明確にし、効率的に業務を進めることが可能です。さらに、様々なプラグインを利用することで、プロジェクトの特性に合わせたカスタマイズが行え、業務管理の質を高められます。

kintoneでタスク管理アプリを作る方法

kintoneで効率的なタスク管理アプリを作成する方法を下記で紹介します。

  • 最初に、アプリ作成の目的を明確にします。
  • 次に、その目的に合わせて必要な機能を洗い出します。
  • その後、これらの機能を実装していきます。
  • 自作が難しい場合は、サンプルアプリの利用も検討します。

これらのステップを踏むことで、効率的なタスク管理アプリの構築が可能になります。

利用する目的を決める

kintoneでタスク管理アプリを作成する際、まずは利用目的を明確にすることが重要です。これは、アプリの機能や設計を効果的に決定し、業務の効率化やミスの削減を実現するための基盤となるからです。

例えば、社内のタスク状況を一目で把握したい、タスクの登録漏れを防ぎたいといった具体的な目標を設定することで、アプリがその目的に沿った形で最大限に活用されます。結果として、タスク管理がスムーズになり、全体の業務効率が向上することが期待できます。

目的に合わせて必要な機能を洗い出す

kintoneでタスク管理アプリを作る際、「目的に合わせて必要な機能を洗い出す」ことが不可欠です。

例えば、タスクの入力漏れを防ぐためには、直感的な入力インターフェースや自動リマインダー機能が必要になります。また、チーム内でのタスク共有や進捗状況の可視化を実現するためには、共有ダッシュボードや進捗バーなどの機能が効果的です。これらの機能を組み合わせることで、タスク管理の効率化と精度向上を図ることができます。

機能を実装する

kintoneでタスク管理アプリを構築した後、機能の実装はプロセスの効率化とエラーの削減に不可欠です。

例えば、タスクの自動作成機能に抜け漏れチェックを組み込むことで、登録ミスを防ぎ、作業の正確性を高めます。このようなカスタマイズは、タスク管理の自動化をより信頼性高く、効率的にするために重要です。具体的には、期限や優先度の自動設定、通知システムの統合などが挙げられます。これにより、ユーザーは重要なタスクを見逃さず、全体の生産性を向上させられます。

自作が難しい場合にはサンプルアプリの利用もおすすめ!

kintoneでタスク管理アプリの自作が難しい場合、サンプルアプリの利用がおすすめです。kintoneのアプリストアには、100種類以上の多様なサンプルアプリがあり、これらは自由にカスタマイズして使用できます。例えば、案件管理アプリは、案件ごとの進捗や履歴を記録し、効率的な管理を可能にします。また、日報アプリは、日々の業務内容や成果を簡単に記録し、チーム内のコミュニケーションを促進できるツールです。させることも期待できるツールです。

これらのサンプルアプリは、そのまま利用することも、自社の業務に合わせて設定やデザインを変更することも可能で、業務効率化の強力なサポートとなります。したがって、自作が難しい場合でもサンプルアプリを活用することで、タスク管理の課題を解決し、業務の生産性を高められるでしょう。

kintoneでタスク管理を行うメリット

kintoneでのタスク管理には以下のようなメリットがあります。

  • スマホ対応:いつでもどこでもタスクをチェック
  • カスタマイズ性:自分のニーズに合わせて機能を追加
  • システム連携:他のツールと簡単に連動
  • 複数人管理:チーム全体のタスクを一括で管理

これらのポイントを詳しく解説します。

スマホでも確認できる

kintoneのタスク管理機能は、スマホにも対応しており、外出先や移動中でもプロジェクトの最新状況を確認できる点が大きなメリットです。これにより、チームメンバーはいつでもどこでもタスクの進捗状況を把握し、必要に応じて迅速に対応できます。

また、リアルタイムでの情報共有が行えるため、チーム全体のコミュニケーションがスムーズになり、業務の効率化に大きく貢献するでしょう。このように、kintoneを利用することで、業務の生産性が向上し、プロジェクト管理がより効果的になるという利点があります。

欲しい機能を追加で実装できる

kintoneを使用したタスク管理の最大の特徴はその高度なカスタマイズ性です。ユーザーは自分たちの特定の業務プロセスやチームのニーズに合わせて、必要な機能を自由に追加や調整ができます。この柔軟性により、各チームの特定の要件に合わせた効率的なタスク管理が実現可能となります。

そのため、進行中のプロジェクトの進捗を一目で確認できるようなカスタムダッシュボードを作成することができ、これによりプロジェクト管理の明確性と効率が大幅に向上するでしょう。

他の機能と連携できる

kintoneでのタスク管理は、複数の機能との連携により業務の効率化を実現できます。例えば、ガントチャートやタスクボードを用いることで、各メンバーのタスク進行度や負荷を一目で確認でき、適切な業務配分や迅速な意思決定を支援します。これにより、プロジェクトの遅延を防ぎ、効率的なタスク管理を実現することが可能です。

さらに、kintoneでは、プロジェクト管理や案件管理との紐付けにより、タスクの属人化を防ぎ、全体の進捗管理を容易にします。これにより、プロジェクト全体の効率と透明性が向上し、チーム全体の生産性の向上に貢献します。

複数人のタスクを同時に管理できる

kintoneを使用することで、複数人のタスクを同時に管理することが可能になります。これは、各メンバーのタスクと案件やプロジェクトを紐づけることで、全体の進捗状況を一目で把握できるためです。

例えば、プロジェクトごとのタスク管理がkintone上で一元化され、web上で各タスクの担当者とスケジュールが可視化されます。これにより、複数のメンバーや部署、協力企業が関わるプロジェクトのタスク管理が効率的に行えるようになります。

また、納期一週間前や納期過ぎの場合にアラートを出す機能もあり、タスクの抜け漏れを防げるでしょう。結論として、kintoneを用いることで、複数人のタスクを効率的に同時管理でき、プロジェクト全体の進捗を容易に把握し、作業の漏れを防ぐことが可能になります。

kintoneでタスク管理アプリを作るときの注意点

kintoneで効率的なタスク管理アプリを構築する際、いくつかの重要な注意点があります。

  • 追加機能の自力実装
  • 有料プラグインの利用
  • タスク内容の事前確認

これらの注意点を理解し対応することで、アプリの効果を最大限に引き出せます。

追加機能は自力で実装する必要あり

「追加機能は自力で実装する必要がある」という点は重要です。kintoneは柔軟なカスタマイズが可能ですが、特定のニーズに合わせた追加機能は、自分で開発するか、サードパーティのプラグインを利用する必要があります。

例えば、特定のデータ分析機能や高度な通知システムなど、標準機能ではカバーできない要件がある場合、これらを実装するためにはプログラミング知識や追加のリソースが必要になることがあります。そのため、kintoneを使用する際は、必要な機能が標準で提供されているか、カスタマイズ可能かを事前に確認し、必要に応じて開発リソースを計画することが重要です。

有料プラグインを利用しなければならない場合もある

kintoneでタスク管理アプリを作る際、有料プラグインの利用が必要な場合があります。これは、kintoneの基本機能だけでは特定のニーズや高度な機能要求を満たせない場合があるためです。例えば、プロジェクトの進捗をガントチャートで視覚化したい場合、KOUTEIやKANBANのような有料プラグインが必要になります。

これらのプラグインは、タスクの担当者や期間の設定、詳細情報の追加、アラート表示機能などを提供し、タスク管理の効率化と精度を高めます。したがって、kintoneでタスク管理アプリを作成する際は、無料プラグインだけでなく、必要に応じて有料プラグインの導入を検討することも必要でしょう。

どのようなタスクが入力されるかは事前に確認が必要

タスク管理アプリを作成する際、最も重要なのは、入力されるタスクの性質を事前に把握することです。これは、アプリが実際の業務ニーズに適応し、効率的なプロセス管理を実現するために不可欠です。

具体的には、タスクの種類、複雑さ、そして承認プロセスの必要性などを事前に理解することが求められます。これにより、アプリの設計をより適切に行え、ユーザーが直面する可能性のある問題を未然に防ぐことが可能になります。

さらに、タスクの優先順位や期限、関連する関係者や利害関係者などの要素も考慮することが重要です。これらの要素をアプリ設計に組み込むことで、ユーザーはタスクをより効率的に管理し、業務の生産性を高められます。

kintoneでタスク管理を行っている事例

kintoneを活用することで、どのように業務の効率化が図れるのか、具体的な事例を通して解説します。この事例を知ることで、自社のタスク管理方法を見直し、生産性の向上やチームワークの強化につながるヒントを得られます。

複数のアプリと連携している事例

メルカリは事業の急成長により、入退社手続きや申請業務が複雑化し、メールやSlackを使った非統一的なプロセスで業務の抜け漏れが問題となっていました。この課題に対処するため、メルカリはkintoneを採用し、これらの業務を一元的に管理するシステムを開発。

そして、kintoneの導入により、業務の可視化と対応速度が大幅に向上しました。具体的には、業務プロセスの連携をスムーズにするために、人事部門がkintoneに情報を入力し、総務部門が必要な手続きを進めるシステムを導入。

退社時のPC返却やアカウント削除、ライセンス移管などのタスクは明確にリスト化され、各部署がアプリ上で管理します。さらに、kintoneを活用して複数のアプリケーションを統合し、タスク管理の効率化を図っています。

この事例は、メルカリのような急成長する企業において、kintoneのようなプラットフォームがいかに業務の効率化と明確性を高めるかを示す貴重な事例といえるでしょう。

地域創生のためのテレワークで活用している事例

岡山県瀬戸内市は、地方創生と定住促進を目的に、kintoneを活用した革新的なテレワークシステムを導入しました。この取り組みは、地方移住者に都心の仕事を委託することで、地域の活性化を図るものです。

kintoneは、その柔軟なタスク管理とコミュニケーション機能を活かし、テレワーカーと富士通エフサス担当者間の業務フローを効率化しました。このシステムは、クラウド環境の利用や拡張性の高さで高く評価され、テレワーク環境の構築に最適なツールとして選ばれています。

セキュリティ面では、テレワーカーごとにアクセス環境を制御し、情報管理の徹底を図りました。テレワーカーとして活動する人々には、資料作成やプログラム開発などの仕事が依頼され、kintoneを通じてタスク管理や納品物管理が行われています。このシステムにより、テレワーカーは場所を選ばずに仕事ができ、瀬戸内市の移住促進に大きく貢献しています。kintoneの直感的な操作性も、テレワーカーにとっての大きな利点です。

この事例は、地方自治体が直面する人口減少問題に対する一つの解決策として、テレワークの活用がいかに有効であるかを示しています。したがって、kintoneを活用したテレワーク環境の整備は、地方移住者に仕事の機会を提供し、地域の活性化に貢献する新たな取り組みといえるでしょう。

自社でアプリを作れない場合には外注もおすすめ!

自社でのアプリ開発に課題がある場合、特にkintoneを使用したタスク管理アプリの開発において、外注は非常に効果的な解決策となります。kintoneのプラットフォームはドラッグ&ドロップ操作で直感的な開発を可能にしますが、限られた時間や専門知識の不足は開発の障害となり得ます。

外注を利用することで、これらの問題を克服し、専門的な技術力を駆使して高品質なアプリを迅速に開発することが可能です。特に、タスク管理アプリのような複雑な機能を持つアプリも、外注なら最短1日〜2日で完成し、業務効率化やプロセスの改善に大きく貢献します。

このことから、外注は社内リソースの圧迫を避け、専門的なアプリ開発を実現し、企業の業務運営をよりスムーズにする効果があります。

kintoneでタスク管理しよう

kintoneを活用したタスク管理は、そのカスタマイズ性の高さとスマートフォン対応の利便性が特徴です。ユーザーのニーズに合わせたアプリの作成が可能で、複数人のタスクを効率的に管理し、他のアプリとの連携もスムーズに行えます。

伴走ナビではタスク管理用のkintoneアプリを作成できます!アプリの作成でお困りの際には、一度お声がけください!

伴走ナビ管理人
サイボウズパートナーのペパコミ株式会社で年間100社以上のkintone構築と伴走サポートの案件に携わり、kintoneだけでなくプラグイン設定も数多く経験。システム機能だけではなく、社内業務コンサルとしての目線で中小企業のDX化を推進しています。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

       

関連記事

今すぐ伴走ナビ公式LINEに登録する 最新記事を通知 公式LINEはこちら 毎月5社限定 無料相談はこちら