1. HOME
  2. ブログ
  3. 【kintoneプラグイン】入れて損しないおすすめNo1のkrewDataの特徴をわかりやすく説明!

【kintoneプラグイン】入れて損しないおすすめNo1のkrewDataの特徴をわかりやすく説明!

krewData(クルーデータ)は「入れておいて損はないプラグインランキング」があれば1位に投票します。色々なことができすぎて、それくらいでしか表現方法が思いつきません。
kintoneはアプリをまたいだ集計が苦手なところではありますが、krewDataはそこをカバーしてくれるプラグインとなっていて、システムがまったくわからなくてもExcelが使えるのであれば簡単に使いこなすことができます。kintoneの標準機能を理解した次の段階はkrewDataを入れておけば無敵とも言えます。

専用のアプリをインポートしてその中にプラグインを設定し、ログもアプリで確認をするため、kintone内ですべての操作ができる感覚になります。

krewDataの特徴

自動集計

kintoneのカスタマイズ不要でアプリ間をまたいだ集計が自由自在です。kintoneの機能を理解していないと「アプリ間」と言われてもピンと来ないかもしれませんが、Excelで例えるなら別のExcelファイルのデータを集計するようなイメージです。

krewDataの画像

集計だけでなく、例えば「顧客マスタ」に「見込客」か「契約者」かの区別をつけたいときに、契約になるかもしれない「案件管理」をしているアプリのステータスが「契約者」になったら「顧客マスタ」の区別も「契約者」に変わるというような設定もすることが可能です。

パズル感覚

誰でもカンタンにパズルをつなぐ感覚で集計コマンドを操作をします。「プレビュー機能」で作りたい設定に正しくできているかをコマンドごとに確認できるため、全部設定してから間違いに気づく、などの不安もなく、確実に設定を進めていけます。

krewDataの画像

左側に並んでいる「コマンド」の種類と役割を覚える必要はありますが、コマンドを置いてプレビューを確認して、思っていたのと違ったときは「削除」して別のコマンドを持ってくればよいので、パズルをするのと同じような感覚で設定が行えます。

実行ログ管理

集計の実行結果はkintone上のログで確認可能です。

krewDataの画像

外部連携

外部ファイル入出力はクラウドストレージにアップロードされたファイルの読み込み、データ編集フローの実行結果をクラウドストレージの所定のフォルダに出力できます。一覧形式のCSVとExcelファイルの読み込みと出力、単票形式のExcelファイルの読み込みに対応しています。

krewDataの画像

CData連携はCData社が提供するCData Connect Cloud(*1)とkrewDataを連携して利用できます。CData Connect Cloudが対応する100個以上のデータソースとノンプログラミングでデータ連携できます。

krewDataの画像

*1 CData連携には別途CData Connect Cloudの契約が必要です

krewDataを自動実行するタイミング

設定したフローによって自動的に集計を行いますが、フローが動くタイミングは2つのプランによって大きく異なります。設定した定時に動く「スケジュール実行」と何かの変更があったら即時に動く「リアルタイム実行」です。

スケジュール実行

設定したスケジュールで定期実行をするプランで、月次・日次・時間単位で設定しますが、他に「曜日」や「月の最終日」の設定も可能になっています。
1回のフローで20万レコードまでと、大量のデータを処理できます。

krewDataの画像

定期的な集計業務(月次の売上報告、請求書発行など)の利用が向いています。

リアルタイム実行

アプリ操作に応答してリアルタイムに実行するプランで、Webhookで動くレコード追加・更新時や、APIを設定して任意のタイミングに動かすことも可能です。
1回のフローで1万レコードまでの、特定のレコードを処理することができます。

krewDataの画像

受発注業務や、活動による進捗ステータスの変更などの利用が向いています。

krewDataの使い方

krewドリルというページがあり、ここには細かくコマンドの使い方や事例がたくさん記載されています。krewDataはkintoneのフィールドと同じで、コマンドの種類を理解することが基礎となるので、一度見てみてください。

ただ、実際に自社のkintoneでどのようにkrewDataを設定すれば良いのか?といった実務ベースとなると、例えば同じ「請求書発行」であっても顧客との取引条件、発行のタイミングなど様々なので、kintoneアプリ設計と合わせて考える必要があります。

krewドリルで基礎知識を身につけて、応用として実務での設計を行うといった順番にはなりますが、覚えてしまえば当初の目的の業務だけではなく、他にもいろいろな場面で活躍させることができます。

krewシリーズは他に、Excel感覚で操作ができる一覧をつくる「krewSheet」、豊富なグラフやピポットテーブルでアプリデータを可視化できる「krewDashboard」もあり、組合せることでkintoneに集まるデータ情報を分析し、経営判断としての利用をしやすくすることも可能です。

krewDataの価格

【スケジュール実行プラン】

料金単位(スケジュール数)
・0~3個  13,200円/月・132,000円/年
・4~10個  24,200円/月・242,000円/年
・11~30個 38,500円/月・385,000円/年
・31~100個 55,000円/月・550,000円/年 (すべ税込み)
・101個~  要問合せ

【リアルタイム実行プラン】

料金単位(実行フロー数)
・0~3個  19,800円/月・198,000円/年
・4~10個  31,900円/月・319,000円/年
・11~30個 57,200円/月・572,000円/年
・31~100個 83,600円/月・836,000円/年 (すべて税込み)
・101個~  要問合せ

krewDataの提供会社

グレープシティ株式会社
https://krew.grapecity.com/

krewシリーズ
・krewSheet https://krew.grapecity.com/products/krewsheet.htm 
・krewDashboard https://krew.grapecity.com/products/krewdashboard.htm

krewData/グレープシティ株式会社
お申込みサイトはこちら
伴走ナビ管理人
サイボウズパートナーのペパコミ株式会社で年間100社以上のkintone構築と伴走サポートの案件に携わり、kintoneだけでなくプラグイン設定も数多く経験。システム機能だけではなく、社内業務コンサルとしての目線で中小企業のDX化を推進しています。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

       

関連記事

今すぐ伴走ナビ公式LINEに登録する 最新記事を通知 公式LINEはこちら 毎月5社限定 無料相談はこちら